セルフ、それはないだろうという PBS4E12

| | コメント(0) | トラックバック(0)

セルフ、そりゃないだろう。アメフト青春映画のパパのような顔をして 。一体どういうこと?
Scylla 獲得までの動きは見事すぎて、、、
何話か飛んだのではないかと言う展開
ジェネラルが二人の護衛を率いているところまで、見事な程にズバリ

セルフは、上司からもこの件でストップをかけられているにも関わらず、後一歩のカンパニー潰しに燃える情熱的(雰囲気はちがうけど)捜査官という体で今まで来た。E11あたりから、受付嬢をエージェントとして送り込んでいることも露呈してきた。が、それもこれも対カンパニーの為ではと見てきたのだが、E11で受付嬢がグレッチェン、T-bagとの会話から得た情報で踏み込んだ先に待っていたのは、、

2007年10月04日  10月4日(木)PRIDEを運営するPRIDE FC WORLDWIDE日本事務所(東京・青山)が突如閉鎖、スタッフ全員が解雇されたことに関して、PRIDE FC WORLDWIDE(本社は米国)は10日に以下の通り、公式声明文を発表した。

  • 東京事務所の不動産物件の賃貸借契約を更新しない旨の経営的決断をやむを得ず下すことに至りました。
  • 株式会社ドリーム・ステージ・エンターテインメントの元役員の協力不足が原因で、弊社が現在、日本においてPRIDEのイベントを開催することが不可能となったため
  • 日本の法令の下、弊社は顧問弁護士より、しかるべき事務所スペースなくしてPRIDE社員を弊社が雇い続けることは困難である
  • 弊社は社員大半に対し十分な退職金を支払いました
  • 今後も、これまでの歴史に残るPRIDE大会や未放送のコンテンツを、地上波テレビ放送、DVDそしてオンラインによって配信し、またPRIDE商品も引き続き提供
  • 日本そして海外の総合格闘技の有力選手に関しては、総合格闘技グローバルブランドとしては世界一でもあるUFCとすぐにでも交渉の機会を持つことができます

PRIDEの"経営母体"で一心同体と言われた山口組系幹部X組は山健組の太田興業

現在は太田守正組長が六代目山口組の若中に昇格し、直参の「太田会」に改称

後藤組の良知組。良知政志組長は後藤組若頭で、後藤忠政組長につぐ後藤組No.2

後藤組長が逮捕され、PRIDEばかりかライブドア事件の本丸は「後藤組壊滅作戦」とさえ思えてくる

山健組出身の渡辺芳則五代目が引退に追い込まれ、山口組で優位となるのは司忍六代目の出身である弘道会「これは警察と弘道会の間をつなぐ組織が存在するからだ」

PRIDEの実質的オーナーとされる企業舎弟I氏は、PRIDE初期の母体「KRS(格闘技レボリューション・スピリッツ)」の会長だった石坂徳州、本名 金徳州 という在日で、現在は韓国に逃亡中夫人の姉が広域暴力団組長の未亡人という後ろ盾が存在しGacktが所属する芸能事務所「ミュージアム・ミュージアム」のオーナーも務める。Gacktは「週刊現代」でPRIDEの要人と報じられ、関係をもった女性には「性の生け贄」とも告発された

トリシェイン、セルフは、Mr.Feng Huan あまりのタイミングの良さ

更に待ってたよ、セルフ的な台詞まである。この関係はいったいと思ってしまうのだが、、、、

K-1主宰の石井和義が脱税で逮捕

ボス不在のK-1利権に裏の仕切りモノが入り乱れた。石井が逮捕される1ヵ月前には、PRIDEを運営するDSE(ドリームステージエンターテインメント)の社長だった森下直人が亡くなる。石井が収監中、川又はK-1の谷川貞治プロデューサーら作家集団「ローデス」に対抗、K-1のNo.2だった今井賢一と結託し、ケイ・コンフィデンスを設立

K-1からミルコ・クロコップを引き抜き、石井が保釈される直前にPRIDEと共同開催することに合意。「いったん引き下がって、様子を見ることにしました。すると、今度は向こう側で仲間割れがはじまったのです」

  • 石井和義
  • 森下直人
  • 今井賢一
  • 谷川貞治

川又は3年8億円で日本テレビと契約し、これにPRIDE側が反対。アントニオ猪木の"後見人"でケイダッシュの川村龍夫会長による意向が働き、これでは日テレが放映した川村プロデュース「LEGEND」の再現となってしまう。"PRIDEの怪人"こと百瀬博教の顔が立たない。ミルコに出場を辞退させると、今度はPRIDE王者のヒョードルを引き抜いてきたのである。これに激怒したDSEの榊原信行社長は、暴力団を引き連れて川又を脅迫

元暴力団にしてK-1の"暴力団対策要員"として雇われた川又だが、業界ではPRIDEの"経営母体"で知られる山口組系幹部やPRIDEの実質的オーナーとされる企業舎弟のI氏には降参

「PRIDEは実質ウチがやってるんや。ワシらが表に出ると不都合があるから、榊原に任せてるんや。それを何や!選手を横取りしやがって」

その日、川又は記者会見に1時間遅れ。そこに猪木の姿はなく、なんでも「アマゾネスのような女に監禁された」という。一説には、"PRIDEの女帝"と呼ばれる内田統子ではないかと言われ、「LEGEND」に出場させたPRIDEのアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを猪木祭でも引き抜こうとしていた。それも、彼女の背後には川村会長がいるからである。

川又が批判していた「PRIDEはヤクザだらけ」のごとく、年が明けても暴力団の脅迫は止まらない。川又は前述のS氏ら暴力団に「2億円払え!」などと脅迫される。結局、逮捕されたS氏らは処分保留で釈放となり、逮捕されるはずだったI氏には海外へ逃げられてしまった。

「I氏や榊原社長に捜査が伸びないのは納得いきません。自分たちは手を汚さず、すべてを私に押しつけて紳士面するテレビ局も許せない」

K-1の主宰・石井和義が脱税容疑で逮捕

K-1の興行会社ケイ・ワンは、昨年12月に法人所得を隠していた疑いで在宅起訴。石井は「マイク・タイソンとの契約失敗で違約金が発生した」と主張。石井の顧問税理士・寺窪鑽史と「インターメディア」という架空会社の社長とされた佐藤猛も共謀したとして逮捕。ケイ・ワンは、2000年9月までの2年間で所得約5億3500万円を隠し、法人税約1億7700万円を免れた疑い

週刊現代は、K-1の "ゴヒイキ" 藤原紀香が石井から月300万円を受け取っていたとして地検から事情聴取されたと掲載。藤原は、バーニングプロダクションの直系サムデイに所属し、このあたりの広域なつながりも追っている。

かつてはバーニング一家とされた旧ライジングプロダクションの元社長・平哲夫は、タイソンの違約金とされた額に匹敵する12億円近い脱税で懲役4年を求刑されたが、実に4億5000万円もの金額が裏社会に流れたと言われている

さらに、K-1はテレビ局との癒着問題や創価学会との太いパイプラインがあり、ケイ・ワンの脱税はシッポを掴むためのセレモニーにしか過ぎない。

  • 寺窪鑽史
  • 佐藤猛
  • 藤原紀香
  • 平哲夫

興毅選手は間違いなく同情をかったはず

親父さんは間違いを犯したはずだ

レポーターは、当然のことを聴いている

が、なんであなたが?というところで不快感を誘ったか?

株式会社山田洋行

株式会社日本ミライズ

民主党の小沢代表の事務所は22日、小沢氏の二つの政治団体が防衛分野の専門商社「山田洋行」から合計600万円の献金を受けていたことを明らかにした。23日に全額返還するという。

守屋武昌・前防衛次官(63)が航空・防衛分野の専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務(69)からゴルフなどの接待を受けていた問題で、元専務から受けたゴルフ接待は1997年ごろから2005年までに二百数十回に上ることが、関係者の話で分かった。

Pandora TV郷野のUFCでの勝利を探したい 記録

ハングルってどんな字

スムニダ です

ハングルが読めなくても大丈夫! 簡単!カタカナ韓国語

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: セルフ、それはないだろうという PBS4E12

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nanokakai.com/mt-tb.cgi/2264

コメントする

SMILE Ads

SMILE LINK

GROUP NEWS

KEY WORD

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年11月25日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Season4 EP01 Scylla」です。

次のブログ記事は「結局 Scylla ってなんなんだろうか? PBS4E12」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。