無駄なエネルギーを削減するには、実際に必要とする水量まで、ポンプの回転数を下げて最適な運転を行いたい

用途にもよりますが設備内でのポンプの消費電力を10パーセント程度と仮定し、その消費電力を見直すこと

ポンプの理論的特性としまして

1.流量は回転数に比例します

2.揚程は回転数の2乗に比例します

3.軸動力(消費電力)は回転数の3乗に比例します

理論的特性により過大な流量を回転数制御にて低減しますと消費電力も削減され大きな省エネ効果が期待できます

計画、設計の段階において用途に応じたポンプ選定する訳ですが、配管の汚れによる配管抵抗の増加、経年劣化によるポンプ性能の低下等で起こる将来の水量不足を回避する為に流量及び揚程に余裕を事前に計算に入れています

この結果、適正な流量・揚程以上に過大なポンプが使用されているのが現状があり、そして無駄なエネルギーが消費されることになります

このあたりは使用者、ユーザーはご存知でいらっしゃる
解っていながらも、必要悪であるから致し方ないという判断

J-PECのホームページを見ます。補助対象となるモジュール一覧を確認しているのですが、なんと33社 本当に増えましたね

既に日焼けばっちりです、毎日暑いですね。

ホームページ更新しないの?
ブログは?

たくさんのご忠告頂いておりまして、ありがとうございます。
現場が続くとつい、さぼってしまっております。

長野の太陽光相談所

現在、相談所対応につきましても、北信エリア、中信エリア、東信エリア
パートナーさん募集中です。
ご連絡下さい。お電話で結構です、是非お会いしましょう。

既に上田市のHPでも公表されている通り
  • 1キロワット当たり26,000円
  • 太陽電池の最大出力が4キロワットを超えるシステムにあっては4キロワットを限度
上田市新エネルギー(太陽光・太陽熱)活用施設設置費補助制度